×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

印鑑が購入できる場所

印鑑の購入場所

印鑑が変える場所

サイン文化の欧米とは違い、日本は電子認証が一般化した今でも重要な契約には印鑑が必要です。
簡単な署名になら、1本100円の量販店の印鑑でも構わないのですが、銀行印や実印ならそうも行きません。

では、このような実印や銀行印に使える印鑑はどこで売られているのでしょうか?
量販店ではない印鑑であれば、ご近所の市役所の周辺には印鑑の専門店があると思います。

これは、急に印鑑が必要になった人に備えて、市役所の近くに店舗があるのでしょう。
また、印鑑を使う場面を考えると市役所で住民票の変更や婚姻届など印鑑を使うケースが多いです。

そのため市役所周辺には印鑑屋さんがある可能性が高いといえます。
これは自動車の免許更新の為に運転免許センターに行くと、周辺に写真屋が多くあるのと似ています。

近所にないならインターネット

近くに印鑑専門店が無いという人は、インターネット通販で印鑑を買い求めるという方法もあります。

これならば、自宅から1歩も出る必要がなく、オリジナルな自分の印鑑が手に入ります。
また、ネットなら人件費や店舗費用もカット出来るので、同じ素材でも価格が安い印鑑が出来るというメリットもあります。

ネット通販ならば、バラエティも豊富で材質も多くから選べるので、自分用以外にも贈答用にも使えますね。

ただ、購入してから、イメージと違うという事がネット通販にはあります。
ですから、購入時には、印鑑の画像が見れるプレビュー機能があるサイトから購入するのがベストです。
ホーム RSS購読 サイトマップ